成長期に見られるオスグット症状は体の歪みが原因?!まずは西葛西・葛西のキュア鍼灸整骨院にお越しください

オスグットとは数あるスポーツ障害の1つであり、ジュニア世代つまり成長期の子どもによく見られる症状になります。オスグット病は成長期に過度な負担が加わることで膝が痛む症状を言います。膝関節の少し下にある脛骨側面が痛むケースが多く、オスグットが進行してしまうと剥離骨折につながる可能性もあります。

 

オスグットは安静が重要ですが、安静にしているからといってよくなるものではありません。オスグットは小学校高学年から中学校の生徒が積極的なスポーツ活動をする際に起こります。骨軟骨炎とも言われています。まずは西葛西・葛西のキュア鍼灸整骨院で診察を行ってみて下さい。

 

オスグットの痛みは初めスポーツ時だけに起こるものですが、症状がひどくなると歩行時でも痛みを感じてしまうケースがあるのです。オスグットの症状としては膝が痛くてジョギングできない、成長期が終わっても痛みが続くなどがあります。少しでも膝に違和感がある場合にはまずは西葛西・葛西のキュア鍼灸整骨院へご相談下さい。

 

オスグットの原因は体のバランスや重心がずれて、姿勢が悪くなったり、背骨や骨盤に歪みがあったりする場合に起こりやすくなります。