スポーツ初心者に起こるシンスプリントは西葛西・葛西のキュア鍼灸整骨院へお越しください

シンスプリントはスネも内側部分が痛くなる症状になります。人によっては痛みに個人差があり、スネの内側だけでなく、外側にも痛みが出るケースも少なくありませなん。スネには腓腹筋、前脛骨筋、ヒラメ筋などの様々な筋肉が付着します。

 

この筋肉があるからこそジャンプしたり、走ったり歩いたりできるのです。これらの筋肉が動くたびに緊張状態になり、スネの骨膜を引っ張ってしまいます。骨膜が引っ張られると炎症が起きて痛みが出てくるのです。

 

シンスプリントはスポーツ障害の一種であり、特にスポーツを始めたばかりの方に頻発します。例えば部活を始めたばかりの人、スポーツやランニングを最近し始めたという人が発症します。シンスプリント=初心者病と言われることもあるのです。

 

シンスプリントの治療は硬くなった筋肉をほぐしてあげることが重要です。筋肉がほぐれれば痛みも改善されますのでまずは西葛西・葛西のキュア鍼灸整骨院へご相談下さい。

 

スネの内側の痛みが主な症状になりますのでこのような痛みを感じた場合は、早めに、西葛西・葛西のキュア鍼灸整骨院を受診して下さい。早期に治療を始めれば完治までの期間も短くてすみます。走る時だけ痛いから大丈夫!とそのまま放置していると、日常生活に支障が出るケースもあるので注意が必用です。