四十肩・五十肩

四十肩・五十肩とはどんな症状なのか?

 

中年以降に発生する、肩関節の痛み(疼痛)と動きの制限(拘縮)を伴う病気の総称です。肩関節とその周辺組織に炎症を来すため、炎症を起こしている部位、炎症の程度によりさまざまな症状を起こします。

正式名称を『肩関節周囲炎』といいます。

 

四十肩・五十肩の原因は関節を構成する骨、軟骨、靱帯などが老化して肩関節の周囲組織に炎症が起きることが、主な原因と考えられています。この炎症が起こる部位は、肩関節の動きをよくする肩峰下滑液包、関節を包む関節包、肩の筋肉がに付く腱板、腕の筋肉が肩甲骨に付く上腕二頭筋長頭腱などがあります。肩峰下滑液包や関節包が癒着すると、さらに肩の動きが悪くなります。

 

症状には急性期(疼痛が最も強く現れる)、慢性期(疼痛は軽快しているが拘縮が残っている)、回復期(関節拘縮が改善する)の3段階に分類されます。
 急性期では、炎症を起こした腱板や肩峰下滑液包の痛みが主ですが、周辺組織に炎症が広がる場合もあり、肩周辺のかなり広い範囲に疼痛を感じます。安静にしていても痛みは強く(安静時痛)、夜間に激しいのが特徴です。その痛みは肩だけでなく、時に肩から上腕にも放散します。
 夜間に痛みが強くなるのは、肩が冷えることや、寝ている時に上腕骨の肩峰下滑動機構に長時間圧力が加わることが原因と考えられています。このような場合、起き上がって座位で腕を下げておくと、痛みが軽減することもあります。
 また、日常生活で衣服の着脱、帯を結ぶ動作、入浴時(体や髪を洗う動作)、トイレや、腕を上に挙げようとする動きによって痛みが出たり、強くなったりします(運動時痛)。そのため、肩関節の動きはかなり制限されます。
 急性期が過ぎて慢性期になると、安静時痛は消失します。しかし、腕を挙げていく途中で痛みを感じ、肩関節の動きが制限されています。とくに肩関節の内旋・外旋制限が残ることが多いです。
 回復期になると運動制限も徐々に改善して、運動時痛も消失します。

 

当院の治療方法は特殊電気、徒手療法、鍼と患者様個人にあった施術をしていきます。

なるべく早めの急性期の方がもちろん治りが早いですが拘縮期からでも早い回復の施術をしていきます。

 

四十肩・五十肩の痛みは何も治療してないと長い方で2年かかるといわれています。

痛みを我慢しないですぐに当院にご相談ください。

 

西葛西駅の高架下にある整骨院

キュア鍼灸整骨院