シンスプリント

シンスプリントとは

スネの内側やふくらはぎが痛い
スネの内側の骨を押すと激痛がする
走ったり、ジャンプをするさいに痛い
ズーンと、鈍いような痛みがある
骨がきしむような感じがする

さらにひどくなると

歩いたり、立ったりするだけで痛い
何もしなくてもずっと痛い

人によっては外側にも、痛みが出る場合があります。

 

痛い場所は脛骨の下3分の1ぐらいのところによくみられます。

ここは、筋肉の付着部でもある部分で、
この部分で炎症を起こす場合があり、
これをシンスプリントといいます。

場所がほぼ同じで一点に集中するような痛みがある場合
疲労骨折を疑います。

同じ部分で痛みがあるので、
最初はどちらかわかりづらいというのが特徴です。

 

スポーツ選手に多くみられますが特に陸上の短距離、長距離、サッカー(軸足に多い)、バスケット、バレーなど、ダッシュやジャンプを繰り返すスポーツ選手に多いです。

 

原因は悪いランニングフォーム,足に合わない靴,クッション性のないシューズ、コンクリートでの走り込みやトレーニング,筋肉の酷使,筋力不足,柔軟性不足,扁平足,回内足,O脚 など
また、使いすぎや筋力不足などです。

 

治療には安静や冷却、マッサージ、ストレッチ、テーピングなどをおこないます。

 

 

Walshの分類
stageⅠ  運動後に痛みのみ
stageⅡ  運動中に痛みがあるがパフォーマンスに影響はない
stageⅢ  運動中に痛みがあり、パフォーマンスが低下する
stageⅣ  安静時も慢性的な持続する痛み

stageⅡまでならスポーツ活動の制限は必要ない
stageⅢ以上はジャンプ、走行を制限させる

いずれもアイシングや運動療法が適応となります。

 

 

 

江戸川区の西葛西駅の高架下にある整骨院
キュア鍼灸整骨院
03-6808-7025